出産内祝いを選ぶ時に知っておきたいこと

内祝いとは、もともと自分の家のお祝い事の時に、他の人にも慶びを分けるといった意味で行われたものです。出産内祝いも、子供が誕生した喜びを分け合うもので、周囲の人に配る物だったのですが、現在では、お祝いをいただいた方へのお返しの意味で行われています。また、子供の名前を披露する意味もあります。お返しを送るときには、ただ品物を渡すだけでなく、お祝いしてもらったことに対して感謝が伝わるようにしたいものです。そう考えると、どのような物を内祝いに選んだらよいか、お返しをする時期をどうすればよいか悩むところです。思いのほか高額な品物をもらった場合も、どのくらいの金額の物をお返しに選べばよいか考えてしまいます。実際に品物を選ぶ時に知っておきたいことはなんでしょうか。

お返しを贈る時期と、金額の目安

出産内祝いを贈る時期としては、生後1ヶ月前後から、遅くても2ヶ月までに相手に届くようにします。出産してまだ間がない時期ですので、内祝いを贈る相手のリストや品物選びなどは、出産前から始めておいたほうがよいでしょう。お返しの金額の相場については、いただいたものからの「半返し」と言われていますが、現在ではだいたい3分の1程度の金額の物が選ばれているようです。もし両親や目上の人から高額な品物をもらった場合でお返しも高額になってしまう場合には、特にこだわらず3分の1以下の金額のものでも構いません。その代わり相手の喜びそうな品物を、心をこめて選ぶようにして下さい。内祝いには子供の名前でのしを付けますが、メッセージカードも一緒に送るようにすると喜ばれることが多いようです。

相手に喜んでもらえるお返しの選び方

出産のお祝いは、親族や友人などのある程度親しい人から贈られるケースがほとんどです。お返しする相手がどのような人かということや、好みがある程度わかっている場合が多いので、出産内祝いも相手に使ってもらえそうで喜ばれるギフトを選ぶことができるでしょう。例えば子供のいる家庭なら、洗剤やタオルなどの生活消耗品かお菓子やジュースなどが喜ばれそうですし、シングルの人ならば、おしゃれな生活雑貨なども選択の範囲に入るかもしれません。両親や親族に対しては、最近では品物を用意するのではなく、子供のお披露目も兼ねた食事会に招待するというお返しの方法もあります。好みがわからなかったり、会社の関係者に贈る場合などは、定番のコーヒーや紅茶、砂糖、ハンカチなどの消耗品やカタログギフトなどを選ぶことができます。出産内祝いは単なるお返しではなく、慶びのお裾わけです。贈る相手のことを思い浮かべながら、慶びが伝わるように感謝をこめて選んでください。