出産内祝いを選ぶ時のポイントとは

出産内祝いとは、元々は赤ちゃんを出産したという身内のお祝い事を親せきなどにお披露目するという意味合いがありますが、最近では、出産祝いを頂いた場合のお返しとして行われることが多いです。出産内祝いを行う時期は、産後1ヶ月を過ぎてから、大体お宮参りの頃を目途として考えましょう。お祝いを頂いたタイミングが産後1ヶ月を過ぎてからであれば、少し間をおいてお返しすると良いでしょう。出産後は赤ちゃんのお世話やお母さんの体力的なこともあり、すぐに買い物に出かけたりすることも難しいため、出産前にカタログを取り寄せておいたり、お祝いを頂く予定の方をリストアップして、大体の方向付けを行っておくのがおすすめです。最近は、インターネットで品物を用意することができるサイトもたくさんあるので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

贈る時のマナーを知っておきましょう

頂いたお祝いに対して、半額から3分の1程度のものをお返しするのがマナーです。頂いたものの価格はインターネットなどを使えば調べることができます。両親などの場合に高額のお祝いを頂いた時は、相談してみると良いでしょう。必ずしも半額でなくても大丈夫な場合があります。両親などの場合は、赤ちゃんを連れて顔を見せに行くという方法もあります。あるいは、自宅に両親に来てもらい、ちょっとしたお祝いの席を設けるという方法も行われます。贈り物には熨斗を付けましょう。結婚と違って何度あっても良いものですので、紅白のちょうちょ結びの熨斗を選び、表書きは出産内祝いとします。下に書く名前は赤ちゃんの名前を書きます。赤ちゃんの名前のお披露目という意味で、そうするのが一般的です。

贈り物を選ぶ時に知っておきたいこと

出産内祝いにしばしば選ばれるのは、いくつあっても困らない日用雑貨や食べ物などです。お祝いを頂く方の年齢も性別も、また頂く金額もバラバラですので、いくつか候補を考えておくと良いでしょう。日用雑貨でよく選ばれるのは、タオルです。ありきたりなように見えますが、高品質なものやブランドのタオルはどの年代の方にも喜ばれます。食べ物は、赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米などは親せきに喜ばれます。お米は日本人ならどなたも食べるものですので、もらって困るということはあまりないでしょう。複数人の連名でお祝いを頂いた時、一人あたりへのお返しの金額が少な目な場合は、日持ちのするお菓子なども重宝です。名前の入ったギフトはお返しでは敬遠されることが多いですが、食べ物なら喜んでもらえる場合も多いです。